鎌倉ドローン協会について

一般社団法人鎌倉ドローン協会(JKDA)は、神奈川県鎌倉市を中心にドローンの普及と振興に関する活動を行い、ドローンの活用と安全を推進する非営利型一般社団法人として2017年6月に設立されました。設立以降、鎌倉市内を中心に主に以下の事業を行っております。当会へのご依頼については「お問い合わせ」ページよりご連絡ください。

空撮事業トレーニング事業防災事業
ドローンによる空撮(動画・写真)を行います。使用機体、動画・画像フォーマット、納品形態(素材渡し・動画編集)等につきましては、ご要望や利用用途に応じて対応可能です。団体・個人向けのドローン操縦士10時間講習や、子どもたちを対象としたドローン体験教室、ドローンプログラミング教室等様々なドローンに関するトレーニングを行います。鎌倉市、鎌倉市消防本部、鎌倉警察署、大船警察署と災害時の協定を締結しており、各団体様や自治会様等での防災訓練への参加(ドローンを活用した防災訓練、ブース出展等)や、災害発生時の空撮による被害状況調査等を行っています。

また、これらの活動にご協力いただける方、ドローンの操作を覚えたい方、操縦技術の向上を目指している方等々、ドローン仲間を募集しております。当会への入会希望は「お問い合わせ」ページよりご連絡ください。(一般会員年会費 2,000円)

鎌倉消防本部出初式での消防部隊総合訓練

2020年1月6日に鎌倉市山崎浄化センターで行われた「出初式」の消防部隊総合訓練に、鎌倉ドローン協会がドローン隊として訓練に参加しました。訓練では協会所属パイロットによる空撮、ドローンを利用した上空からの音声放送、照明照射等を行い、現場指揮本部への災害現場の状況報告を行いました。